本文へスキップします。

MENU

保険を選ぶ(商品から選ぶ)

損害保険

取引信用保険

<取引信用保険>

貴社のお取引先(継続的売買契約)において倒産等や履行遅延の発生したことにより売上債権が回収できない場合に、貴社が被る損害の一定部分を保険金としてお支払する保険です。

取引信用保険の図

地震保険(拡張担保)

<地震保険>

火災保険の特約として、火災保険では補償されない地震や噴火またはこれらによる津波による損害を補償いたします。この特約は単独でのご契約は出来ません。火災保険とセットでのご契約となります。

国内PL保険

<PL(国内)保険>

製造または販売した商品や提供したサービス等の仕事の結果に起因して、日本国内で他人の身体の障害または財物の損壊について、被保険者が負担する法律上の損害賠償金および争訟の解決のために要した費用等をお支払いします。

海外PL保険

<海外PL保険>

製造または販売した製品によって日本国外において生じた他人の身体の障害または財物の損壊について、被保険者が負担する法律上の損害賠償金および争訟の解決のために要した費用等をお支払いします。
なお、被保険者が被害者から損害賠償請求を受けた場合は、引受保険会社は、現地の法令等により禁止・制限されている国・地域を除き、被保険者の防御(応訴・示談交渉)を行います。

リコール保険

<リコール保険>

日本国内で製造・販売を行った商品・生産物のかしによる対人・対物事故の発生・拡大の防止を目的としてリコール(回収、検査、修理等の措置)を実施することによって被保険者が負担する諸費用を補償する保険です。

D&O保険(会社役員賠償責任保険)

<D&O保険>

会社役員としての業務につき行った行為に起因して、被保険者に対して損害賠償請求がなされたことによって被保険者が被る損害に対して、保険金をお支払いする保険です。

個人情報漏えい保険

<個人情報漏えい保険>

個人情報が漏えいまたはそのおそれに起因して、保険期間中に被保険者が損害賠償請求を提起され、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害(損害賠償金や弁護士費用等の支払)や、各種費用損害に対して保険金をお支払いする保険です。

労災保険・使用者賠償責任保険

<労災保険・使用者賠償責任保険>

政府の労災保険などの上乗せとなる保険で、事業者である皆様の被用者(従業員など)が業務上の災害により身体の障害を被った場合にお支払いする保険です。

法定外補償条項

事業者である皆様が被用者やその遺族の方々に対して法定外補償を行なうことにより被る損害を補償します。

使用者賠償責任条項

事業者である皆様が被用者やその遺族の方々から、補償内容を不服として損害賠償請求を受けた際の損害賠償金などを補償します。

GLTD(団体長期障害所得補償保険)

<GLTD>

貴社の従業員が病気・ケガにより仕事を長期間休まれた時(就業障害時)に、その方の所得の一定割合を貴社に代わって補償する保険です。
GLTDは会社の福利厚生制度として導入していただいております。
保険金支払期間(てん補期間)を最長定年年齢まで設定することが可能という点が最大の特長です。

生命保険

養老保険(無配当)

一定期間、死亡に備えながら、資産形成ができる保険です。

養老保険(無配当)の図

  1. 満期時に生存されている際には、満期保険金(死亡保険金額と同額)を受取れます。
    満期保険金を退職金の財源として活用することができます。
  2. 満期保険金を受取る前に死亡された場合は、満期保険金と同額の死亡保険金を受取れます。
    死亡退職金・弔慰金等の資金を計画的に準備することができます。

定期保険(無配当)

一定期間、死亡に備える保険です。

定期保険(無配当)の図

  1. 割安な保険料で、大きな死亡保障を確保できます。
    死亡退職慰労金・弔慰金、事業保障資金の財源を確保できます。
  2. 保険期間をご選択いただけます。
    お客さまのニーズに合わせて、保険期間を所定の範囲内でご選択いただけます。

長期平準定期保険

保険期間が長期にわたる定期保険です。
長期にわたる死亡保障が確保できることに加え、ご勇退時の退職慰労金に役立てることもできます。

長期平準定期保険の図

  1. 死亡退職慰労金・弔慰金、事業保障資金の財源を確保できます。
  2. ご勇退時の生存退職慰労金の財源も確保できます。
    解約時の返戻金などは、経営者・役員の方への生存退職慰労金の一部としてご利用いただけます。
  3. 資金需要の際、保障を維持したまま、資金をご利用いただけます(ご契約者貸付制度)。

逓増定期保険(有配当)

事業の発展とともに重くなる経営者の責任にあわせ保険金額が逓増する保険です。

逓増定期保険(有配当)の図

  1. 万一のときの保障額が、ご契約時の5倍まで増加します。
    年々責任が重くなる経営者の皆さまにふさわしい保障を準備できます。
  2. ご勇退時の生存退職慰労金の財源としてご利用いただけます。
    解約時の返戻金などは、経営者・役員の方への生存退職慰労金の一部としてご利用いただけます。
  3. 保険料払込期間中に保険期間を終身とする払済保険への変更ができます。
    変更時の返戻金相当額により、保険金額を一定とする保険期間終身の払済保険に変更することができ、死亡・高度障害保障が生涯続きます。
  4. 資金需要の際、保障を維持したまま、資金をご利用いただけます(ご契約者貸付制度)。

終身保険(無配当)

生涯にわたる保障をご準備いただける保険です。

終身保険(無配当)の図

  1. 一生涯にわたり、万一の保障を準備することができます。
    死亡退職慰労金・弔慰金、事業保障資金の財源を確保できます。
  2. ご勇退時の生存退職慰労金の財源も確保できます。
    解約時の返戻金などは、経営者・役員の方への生存退職慰労金の一部としてご利用いただけます。

ガン保険(無配当)

がん罹患のリスクに備える保険です。勇退時の退職慰労金に役立てることも可能です。

ガン保険(無配当)の図

  1. ガンによる入院、手術の備えなどガンに対する保障を確保することができます。
  2. ご勇退時の生存退職慰労金の財源も確保できます。
    解約時の返戻金などは、経営者・役員の方への生存退職慰労金の一部としてご利用いただけます。

総合福祉団体定期保険(無配当)

弔慰金・死亡退職金規定等に基づいたご遺族の生活保障を確保するための保険です。
団体(企業)の負担すべき諸費用の確保にも役立てることができます。

  1. 大切な従業員・役員のご遺族の生活保障のための資金を準備することができます。
  2. 従業員・役員の死亡に伴い、代替雇用者の採用・育成費用等の団体(企業)が負担すべき諸費用の財源を確保することができます。
  3. 障害や入院への保障も確保することができます(災害総合保障特約)。

グループ内代理店の運営見直し

<グループ内代理店の運営見直し>

保険代理店様を取り巻く環境は年々厳しくなっています。
近年の保険代理店業務における経営上の課題は、代理店制度変更による手数料の減少、保険商品の多様化による仕事の複雑化、事務手続きの増加、自己特定比率超過問題のクリア、使用人高齢化に伴う後任確保の難しさなど、非常に多岐に渡ります。
私どもは、このような厳しい環境下にある保険代理店様の悩みにお応えします。
これまで弊社は、上場企業をはじめさまざまなお客さまの「保険代理店業務の見直し」のコンサルティングを行い、豊富な経験と知識を誇っています。
グループ内で保険代理店の見直しをお考えの方はぜひ、エムエスティ保険サービスへご相談ください。

  • 法人のお客様 Webからのお問い合わせ
  • 取扱保険会社一覧(各保険会社リンク一覧)

関連リンク

  • 日本損害保険協会 | SONPO
  • 生命保険協会

ページトップへ